宅建の資格は通信講座でゲット【カンタン勉強術】

メンズ

子ども好きをプロの仕事に

学生

資格取得のために

保育士を目指す場合、多くの人が養成学校に通います。養成学校には四年制大学、短期大学、専門学校などがありますが、その中でも特徴的なのが四年制大学です。従来の保育士養成は短期大学が中心でしたが、昨今では四年制大学での養成も多くなりました。保育士は児童福祉に関わる福祉系の国家資格であることから、福祉系や教育系の学部で取得できることが多いです。四年制大学では保育士以外の資格を併せて取得できることが多いです。代表的なものを挙げると、幼児保育の隣接領域である幼稚園教諭免許や小学校教諭免許、他の福祉系資格である介護福祉士、社会福祉士などです。複数の資格を取得する場合、修得する単位数が多くなったり、実習が多くなったりしますが保育士をベースとして隣接領域の資格を取得していると就職の幅や専門性の幅を広げることにつながります。また、認定こども園の増加に伴って、保育士と幼稚園教諭免許の両方を持つ「保育教諭」と呼ばれる人材が求められています。そのほかにも、子育て上の課題に相談支援で対応する「保育ソーシャルワーカー」であれば保育士と社会福祉士の両方の資格を持っている人が求められる傾向があります。大学では実技系の科目も多く、実習も多いことから忙しい日々にはなりますが、子どもが好きで子どもに関わるプロとしての仕事を目指す人たちにとっては充実した日々になるとも考えられます。また、他の学生と共同で何かを行うことも多く学友とのつながりも作られやすいのが保育士養成の大学の特徴の一つでもあるでしょう。