宅建の資格は通信講座でゲット【カンタン勉強術】

メンズ

将来に備えた勉強

男女

基礎からしっかり学ぶ

企業に勤め続ける上で必要になるのがマネジメントのスキルです。給与アップを望むのであればより上位の役職に付かなければなりません。マネジメントは管理職には必ず求められる能力です。もしその能力を何らかの「資格」という形で表現することができれば、人事考課において大きなアピール材料になります。キャリアアップに関連した資格取得を、経理職を例に見てみましょう。一般企業の経理処理は簿記の手順に基づき進められます。そのため経理業務が未経験であれば、まず簿記資格を取得し、会計の基本知識を身につけることが土台となります。処理の理屈が分かればイレギュラーな事項が発生しても対応できるようになります。不明点を上司に教えてもらう際に、単に「どうしましょうか」と聞くよりも「私はこのように処理するのが適切だと思いますがどうでしょうか」と聞くほうが職務に前向きな姿勢が伝わります。論理的に物事を考えているので、マネジメント能力があると判断されるのです。さらに経理分野の知識を深めるのであれば、税理士、公認会計士といった資格があります。どちらも難易度の高い国家資格です。しかし社会的信頼度は高く、取得すれば独立開業も可能になる資格です。将来、これらの資格を活かして独立を目指す際にもマネジメント能力は重要となります。人を雇うようになった時はもちろん、一人で仕事をこなすにはワークフローを作り、計画的に実行する力が必要だからです。